スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親指シフトを他人に勧めるということ

親指シフトは使い慣れると、とても気持ちよく使えます。この経験を他人にも分かってほしい、と思うのは自然な感情です。「こんなに良いものを知らない人がいるのは残念だ」「他の人も使ってほしい」こんな気持ちは親指シフトを使っている人は、一度ならずとも持ったことがあるのではないでしょうか。

こういう気持ちを否定するものではありません。私も親指シフトユーザーとして、他人にも使ってほしいと思っています。「親指シフトのセールスマン」とも自称しています。

しかし、他人に何かを勧めるという行為は社会的なものです。特に具体的な形でやろうとすれば、それには社会的な責任が伴うと考えられます。親指シフトを勧める方々を見て考えたことを以下に述べます。

まず、どんなものでも他人に勧めることには責任があります。単に自分が使って良かったという物を勧めるのだったら、それは「押しつけ」と変わりません。それではどうすれば良いかと言うと、相手が納得するような考え方を提示して、疑問に対してきちんと答えられる、ということが最低限必要できることが必要です。

何かを勧めるという場合、「何か」だけでなく、「誰に対して」ということも大事なことを忘れてはいけません。

かつて信用金庫業界にその人ありと言われた、小原鉄五郎という人の言葉に「貸すも親切、貸さぬも親切」というのがあります。金融機関ですから、他人にお金を貸すことは最も大事な商活動です。だからといって、相手のためにならないお金を貸すことは商売の原則から外れる、という炯眼です。

これに関連して、私が思っていることに「自分が影響力を持っている人たちに対してむやみに勧めてはいけない」ということがあります。たとえば、こんなことです。私は、公務員をして働いた後に大学教員になりました。先生になって驚いたことにひとつに、「学生は教員の言うことを実によく聞く」というのがあります。これは、もちろん成績評価のような権力を持っていることとも無関係ではないでしょう。だから、学生に対して、自分の良いと思っているものを勧めることは、よほど気をつけないと、せいぜい良くて個人の趣味の押しつけ、悪くすればハラスメントとなるおそれさえあります。

お金をとって親指シフトを勧めるというのなら、まだ分かります。相手はお金を出すということで、それなりの注意を払った選択をします。だから、勧める方もそれなりの責任を持っていると考えられます。これに対して、自分の影響力の及ぶ範囲で、自分の好みのものを勧めようというのは無責任でしょう。

何かを他人に勧めるというのなら、それに関連した知識・情報はできる限り知っている必要があります。それを使うことの効果はどれだけなのか、他に選択肢はないか、といった問に対して間違いなく、適切に答えられなければなりません。これには自分の経験だけで判断しては足りないことも多くあります。

たとえば、親指シフトでのキーボードの選択の問題があります。親指シフトは専用キーボードを使うのと、専用でないキーボードを親指シフトに無理やり合わせて使うやり方があります。私は前者ですが、後者のやり方をしている人も多くいます。私は親指シフト専用でないキーボードで親指シフトを使う人に対して、反対している訳ではありません。というか、他人がやることに対して、私が何かをいったからといって行動を変えられるものでもありません。ただし、人に勧めるということになれば、話は別です。

私の見るところ、親指シフト専用でないキーボードで親指シフトを使うことを他人に対して勧めている人の中には、専用キーボードを触れたこともない、と思われる人もいます。これは二つの点で問題だと考えます。

一つは、親指シフトは長い間、専用キーボードを使う人で支えられてきました。もちろん、現在でも専用キーボードを使用している人はたくさんいます。だから、専用キーボードは親指シフトの重要な構成要素なのです。人に勧めるのだったら、その部分に対する知識が全くないことは大きな問題です。

もう一つの問題は、キーボードというのは人間が手指で触れて操作して使うものだということです。このようなものは、人間工学的な配慮をきちんとしないと、健康被害などを起こす可能性があるものです。だから、用途外の使い方をするような使い方については、慎重にならないといけません。法律的に見ても、目的外の使用に起因する被害に対しては、救済の対象としないことが普通でしょう。こういう問題に無神経になってはいけないと私は思います。

これに関連して、キーボードの配列を変更したものを推す意見もあります。私はずっと昔に、そうした配列を提唱する人と議論したことがありますが、その配列は専用ではないキーボードを前提にしたものでした。つまり、親指シフトは使いたいが、専用でないキーボードではあちこち無理があるのを、なんとか配列の変更で乗り越えようというものです。私はこうした工夫を一概に否定するものではありませんが、それを簡単に他人に対して勧めようというのには、大きな違和感があります。端的に言えば、考え方の順序が逆じゃないかということです。

この問題は、根底には「キーボードが先かパソコンが先か」という問いがあります。専用キーボードに対して否定的な人は、往々にして「私の好きなこのパソコンで親指シフトを使いたいからこういうやり方をするとできるよ」という考え方をします。これはこれでひとつの考え方かもしれませんが、人間と機械のインターフェースを重視する考え方からは遠ざかっています。

高級キーボードで名前の高いHappy Hacking Keyboardの監修者である、和田英一博士は、有名なカウボーイと鞍のたとえで、ヒューマンインターフェースがユーザーから見て統一されていることの重要性を述べています。

親指シフトのユーザーからすれば、どんなパソコンを使っても同じユーザーインターフェースを提供するもっとも簡単な方法は専用キーボードです。実際、私はいろいろなOSのパソコンを使いますが、親指シフトで使うなら専用キーボードをつなぎます。

最後に、親指シフトを習得するための努力や時間について考えてみます。親指シフトも技能のひとつですから、使えるようになるには練習が必要です。このための努力や時間はもちろん、ひとによって異なるし、練習環境等にも左右されます。

実は親指シフトは、ローマ字入力やJISかな入力に比べて上達が速い、すなわち、覚えやすいということが分かっています。しかし、親指シフトを学ぼうとする人の声をSNSで見ると、結構難しい、なかなか覚えられない、といったものをよく見ます。これは、いろいろな要因によるものと考えられますが、私の見るところ、親指シフトを勧める人が「親指シフトなんて簡単に覚えられるよ」といったことを安直に言っているのを真に受けている可能性がある気がします。

「簡単に覚えられるよ」といって人に勧めたのに、その相手がなかなか上達しなくて苦労していても、あまり的確なアドバイスをできていないのではないか、という気がしています。

たとえば、親指シフトに限りませんが、タイピングを効率的かつ楽にするにはタッチタイピングの技術は必須です。タッチタイピングは、キーボードを見ないで打鍵することですが、これができない人に対してどんなに「キーボードを見るな」と言ったり、挙げ句の果ては目とキーボードの間に障害を作って見えないようにする、といったことをやっても効果は薄いでしょう。

そうではなくて、タッチタイピングを自然にやらざるを得ないような環境を作ることの方が効果的です。具体的には、キーボードとディスプレーを物理的に離せば、ディスプレーを見ることでキーボードは見えなくなります。この場合、肘の角度が90度になるようにすることが大事です。タッチタイピングの練習をするのにノートパソコンを使わせるなどということは、あってはならないことだと私は思っています。

タイピングの姿勢の大事なことは、労働安全衛生の面からも強調されます。使用者の健康を守るということだったら、強制してでもやらせるべきという理屈が成り立ちます。親指シフトの文脈で言えば、親指シフトを使うことが個人の生産性を上げる、というためだけだったら、勝手に好きな人がやればいい、ということになります。そうではなくて、親指シフトを使うことが(それも正しく)、使用者の健康にも大切だというのだったら社会的正当性をアピールすることができます。こうした社会的背景をよく理解した上で、親指シフトは他人に勧めるべきだと私は考えます。
スポンサーサイト

親指シフトに関する言説を見分ける

親指シフトに関してはさまざまな人がいろいろなことを語っています。親指シフトユーザーの多様性を考えれば、その内容も多様であるのは当然です。だから、その内容についてもいろいろな切り口や見方があってしかるべきです。
ただ、親指シフトを人に勧めようという目的で書かれた場合には、それなりの責任が伴うことを考える必要があります。私が見るところ、親指シフトを愛することで目が眩んでか、少し外れたことをいっている場合もあります。
これまでの私の経験から、こうした発言にはいくつかのポイントがあり、それを判断材料にすると良いというのが分かってきました。以下、そうした点について解説します。

1. 親指シフトの効果について
親指シフトを人に勧めるのは、何らかの良いことがあるからでしょう。確かに、親指シフトは優れています。ただし、その効果は万能ではありません。「親指シフトを使えば文章作成が速くなる」程度ならまだしも、「親指シフトを使えば○○○が○倍になる!」とか、「親指シフトは×××対策に有効!」とか言い出すのは親指シフトを誤解させるものです。そのうち、「親指シフトはぼけ防止に役立つ」とか言い出さないかと心配です。
親指シフトは優れています。しかし、その効果は限られています。それを無理に広げようとするのは、ひいきの引き倒しにすぎません。

2. OS選択とのアナロジー
日本語入力として親指シフトを選ぶかどうかを、OS選択などと同じように論じることは間違っています。それは技術的、社会的背景が違っているからです。
さらに言えば、現在はOSの選択はそれほど大きな問題ではありません。それを大事なことのように言うのは、自分の好みを人に押しつけたいだけです。
親指シフトを選択することは、OSの選択とは次元の違う問題です。なぜなら、原理的には親指シフトはOSがなんであろうと効果を生むものだからです。
OSの選択は「浮世の義理としては大切かもしれないが本質的にはどーでもえー」ことです。それに気づかずに「windows最高!」とか「やっぱりlinuxだよね」とか「これからはchrome OSの時代よ」とか言う議論を、親指シフトを選択するかどうかよりも優先させる人は事の軽重が分かってない人です。

3. 専用キーボードについて
私には理解不能ですが、世の中には親指シフト専用キーボードを毛嫌いしている人がいるようです。人それぞれですから構いませんが、少なくとも人に勧めるに当たって、専用キーボードを触ったこともないのに、「専用キーボードは不要です」というのは、いかがなものかと思います。
親指シフトの30年以上の歴史で、親指シフト専用キーボードが途切れたことはありません。今も多くの人が専用キーボードで親指シフトを使っています。いわば、専用キーボードは親指シフトにおける基本であるといえます。だから、その存在を無視することは、「先行研究のレビューができていない」(私も研究者の端くれなのでこのような言い方をお許しください)のと同じなのです。
反専用キーボードの議論の根拠は私の見るところ、2点です。一つは汎用性、もう一つはコストです。
前者は「専用キーボードがないと親指シフトができないというのは親指シフトが使える状況を狭めている」というものです。これはもっともらしいですが、実は間違っています。なぜなら、巷間目にする「普通のキーボードを使って親指シフトにする」方法は、実は個別のハードに合わせたソリューションであり、別のハードに適用しようとすると、大きな変更をしなければならないからです。これに対して、専用キーボードは「人間にとっていつも同じインターフェース」を提供するもので、現在、たとえばOSの選択には関係なく使えます。つまり、専用キーボードを使えば親指シフトという常に同じインターフェースが使えるところは広いのです。
コストについては、そもそも「専用キーボードは高いから(それは事実)、やめた方がいい」という、人の財布を覗き込むような下品な言説に私はついていけないのですが、それはともかく、では専用キーボードを使わないことで節約された金はどこに使われるのでしょう。私が言いたいのは、親指シフトを使うためにコストをかけることをどのように考えるかです。
最後に、キーボードのような人間が直接触れて操作するものについては物理的特性が大事であることを強調しておきます。そのようなものについては、流用で想定していない使い方をした場合の問題点をきちんとクリアしないと、少なくとも人に勧めるようなことをしてはいけないと私は思います。

4. 「後退」キーの位置
これは問答無用(笑)。
以下のリンクをご参照ください。
https://www.facebook.com/groups/oyayubishift/permalink/791849414176313/
http://thumbshift.blog108.fc2.com/blog-entry-5.html

親指シフトの歴史

よく知られている通り、親指シフトという技術は30年以上前に開発されました。そして、その基本的な構造を変えずに現在も使われています。

長い年月ですから親指シフトにはさまざまなことが起こってきたし、いろいろな試みがされてきました。技術的な面だけでなく、普及の試み、ユーザーの経験まで含めて、少し大げさにいえば歴史の重みがあるのです。

だから、親指シフトに関する何らかの試みはこうした歴史の経験を踏まえたものである必要があります。特に学ぶべきは「失敗の歴史」です。親指シフトがもっとも失敗しているのは「普及」だと私は考えます。失敗を繰り返さないようにするにはどうしたら良いかは歴史に聞くのが早道です。

もちろん、過去に失敗したことでも環境が変化したら改めてトライすることで成功するかもしれません。やってみないと分からないというのも歴史の本質です。ただ、これまでの経験に学ぶことなく、あまりにナイーブに親指シフトが良いということだけを言うだけでは、普及はおぼつかないのです。

普及というのは社会的な認知です。それを得るための戦略と戦術が親指シフトには必要なのです。

親指シフトはうるさいか

親指シフトにしろ、その他の方法にしろ、キーボードで文字を入力する時は人により癖があるようです。とりわけ、キーをたたく時にどのくらい音がするか、あるいは、どのくらい音がすると感じているかに違いが出るようです。

親指シフトユーザーとして知られている勝間勝代さんは、http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2007/05/post_8015.htmlで、「ちなみに、専用キーボードの欠点としては、『打鍵がかなりうるさい』というのもあります」と述べています。

これに対してやはり親指シフトユーザーの姫野カオルコさんは、http://only5.himenoshiki.com/?eid=1157485で、「『やかましい』ということは断じてありません。むしろ他の方法より静かです。私なんか座敷わらしの足音みたいに静かにやってます。」と言っています。

親指シフトユーザーの感じ方としてどちらか正しいのか、あるいは多いのかは分かりませんが、https://twitter.com/K_akiya/statuses/169745977937379329で「速くて優雅な気配すらする」とほめられた(笑)私としては姫野さんの方に味方したくなります。(youtubeは無音ですが本当は音がしてますよ(笑)。音をとるのが面倒だったのでやらなかっただけです。でも、そんなにうるさいことはないですよ。)

皆さんはどう感じますか。

親指シフトの限界

私はこれまで親指シフトは使える環境を広げてきていると言ってきました。メーカーに縛られたワープロ専用機から汎用のパソコンへ、OSではウィンドウズからマッキントッシュ、リナックスなどへ、そしてまだ理論段階ですが日本語以外への適用と、親指シフトが有効である場面は増加してきています。

それでは親指シフトの広がりはどこが限界なのでしょう。おそらく親指シフトと一番相性が悪いのは「携帯性」です。これはある意味で当然で、親指シフトが人間の手指を使ってキーボードという物理的なものを操作するということから、使いやすいサイズは人間の物理的特性(特に大きさ)に制限されます。

たまたま最近になっていくつか携帯機器を使い始めたこともあり、それらを比較してみようと思います。特に日本語入力についても少し詳しく見ます。

現在、私が使っているコンピューターをサイズの小さいものからあげていくと、携帯電話(カシオW53CA)、PDA(iPod Touch)、タブレット(Iconia Tab A500)、ノートパソコン(Dell Vostro 1320MacBook Pro)、デスクトップ(ウィンドウズ、リナックス)となります。

これらのうちで親指シフトによる日本語入力を使っているのはデスクトップだけです。キーボードは富士通姓のUSB接続の親指シフト専用キーボードです。ノートパソコンは普通のJISかな配列のキーボードなのでローマ字入力です。タブレット、PDAでは画面に現れるソフトキーボードまたはフリック入力、携帯電話は普通のかなめくり方式です。

持ち歩きを前提としているものでは親指シフト入力はしていないことになります。これでもそれほど不自由は感じません。というか、出歩くような環境で長い文章を書く必要がない(実は、さぼっているだけかもしれませんが)からです。つまり、携帯性と親指シフトが使えるかどうかというのはトレードオフの関係にあるのです。

例えば、出張をするという場合にどんなものを持っていくかということを考えると、日帰り出張ならば携帯電話だけ、あるいはせいぜいPDAくらいまででしょう。1泊ならばタブレットないしノートパソコンをもっていくかもしれません。ちなみに、ネット接続にはWiMaxを使っています。

これがもし1ヶ月の出張だったなら、ノートパソコンは必須です。入力をどうするかですが、もしかしたらコンパクト型の親指シフトキーボードを持っていくかもしれません。本当に文字をたくさん入力しなければいけないとなれば、親指シフトキーボードがついたノートパソコンを買ってしまうかもしれません。

1年の出張だったらおそらく現在のデスクトップパソコンと親指シフト専用キーボードを送って現地で使うことになるでしょう。

結局何が言いたいかというと、いくら親指シフトが使いやすいとは言っても、その他の制約条件(この場合は携帯性)があるときは使えないことがあるということです。だから何がなんでも親指シフトというのも間違っているのです。

なお、携帯電話やandroid機器では外付けキーボードで親指シフトを実現する方法があります。これがどの程度実用的なのかは使う人の環境にもよりますが、面白い試みです。この場合でも、キーボードという物理的存在が必要だということは留意すべきでしょう。
プロフィール

SugitaNobuki

Author:SugitaNobuki
杉田伸樹(ぎっちょん)
親指シフトの普及活動を続けています。
約38年の公務員生活を終え、現在は大学教員です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。