スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親指シフト動画追加

親指シフトでのタイピングがどのようなものなのかを見てもらうのに一番良いのはおそらく実物を使っているところを見てもらうことでしょう。そうは言っても親指シフトのユーザーを見つけることは大変困難なので次善の策としてタイピングの様子をビデオで公開しました。今回、今までのものに加えて新たなものを加えました。

親指シフト練習入門編
親指シフト練習初級編1
親指シフト練習初級編2
親指シフト練習中級編
親指シフト練習上級編1
親指シフト練習上級編2

私のタイピングは特に速いということでもありません。ですから、このビデオを見て「親指シフトってたいしたことないじゃない」と言わないでください。親指シフトを使って一番速い人はおそらく私の2倍以上だと思います。

今回のビデオの特徴は「親指シフト練習」というソフトを使っていることです。実を言うと、親指シフトのビデオを最初に公開したときも本当はこれを使いたかったのです。実際、これを使った様子を公開している方もいらっしゃいました。なぜそうしなかったかというと、このソフトが最近の環境(ウィンドウズ7)では使えなかったからです。

ところがフェースブックでの親指シフトグループのメンバーの方でこのソフトを使えるようにしてくれた方がいたのです。この経緯は以下のスレッドに書かれています。
http://www.facebook.com/groups/oyayubishift/494250897269501/

この練習ソフトはとてもよくできています。ホームポジションから始めて段階を経て自然に親指シフトを習得できるようになっています。親指シフトのことをよく理解しているだけでなく、学習者の心理も考慮したものです。

今回追加した動画は、この練習ソフトの良さを知ってもらいたいという狙いもあります。このソフトを使えるようにしてくれた方への感謝を表します。
スポンサーサイト

親指シフトとローマ字入力の速度比較

親指シフトの入力の様子を撮った動画が一部で好評を博していた(笑)のに気を良くして、新たな動画をアップしました。

親指シフト タイピング動画 番外 (ローマ字入力との比較)
http://www.youtube.com/watch?v=b38NLJhJsO4

説明に書いた通り、ローマ字入力は普段はあまり使わないのですが、それでもタッチタイプができる程度には使えます。

この動画をアップした主な理由は、両方式での打鍵の様子を実際に見て比較してほしいというものです。ローマ字入力では指がせわしく動いている感じが分かるかと思います。

両方式に対する私の習熟度には違いがあるので、これを見てローマ字入力と親指シフトでの入力速度比較について簡単に結論を出すことは控えるべきでしょうが、私が思ったことがあります。

親指シフトとローマ字入力を実際に比べた動画を探すと次のものがありました。

親指シフトとローマ字入力の速度比較
http://www.youtube.com/watch?v=IbbLIbwM7M4

この方の普段の入力方法がどんなものであるかは不明ですが、親指シフトでの入力速度が140字/分(できあがりの文章で)というのは割合速い方だと思いますので、少なくとも慣れた親指シフトユーザーであることは推測できます。

この動画での親指シフトの入力速度は140字/分、ローマ字入力は99字/分ということです。

一方、私の動画で見ると、できあがり145字の文章を入力するのに、親指シフト、ローマ字入力それぞれでおおよそ82秒、112秒かかっています。どちらも上述の140字/分、99字/分には及びません。ただ、両方式の入力速度の比はどちらの動画でも親指シフトがローマ字入力の1.4倍程度になっています。

すでに述べた通り、これらの動画での入力速度の違いがそのまま両入力方式の性能の違いであるとすることには慎重であるべきですが、このような「実験」を積み重ねていく中で、ある程度の目安となるものができあがっていくのだと思います。

親指シフトで最も速く入力できる人はおそらく200字/分を楽に超えると思います。そのような速度に達するようにするには、それなりの練習が必要です。しかし、そんなに速くなくても、少なくともローマ字入力より速く入力できるようになるのは難しいことではないと、これらの動画を見て感じました。それと、後者の動画の説明にあった「速度以上に、ローマ字入力をすると大変疲れました。。。」というのは私も同様に感じました。親指シフトユーザーならみんな同感だと思います。

親指シフトのタイピング動画公開!

すでに親指シフトウォッチで書いたのですが、親指シフトでの入力の様子を大量に動画にしてアップされている方がいます。

私も及ばずながらですが、親指シフトでのタイピングの様子が分かるようなビデオを作ってみたいと思っていました。本業が多忙だったり出張が入ったりしてなかなか取りかかれなかったのですが、やっと環境が整いました。

本当は「親指シフト練習」の画面とキーボードを並べて出したかったのですが、どういうわけか「親指シフト練習」がインストールできませんでした。しかたがないので、「親指シフト練習」に出てくる文章をエディターに張り付け、それを入力していくというかなり原始的なことになりました。

以下、環境を少し説明します。

OS: Windows Vista
キーボード: FMV-KB232
日本語入力プログラム: Japanist 2003
ウェブカメラ: Buffalo BSW20KM02HWH (200万画素)
ビデオキャプチャープログラム: AMCAP
画面キャプチャープログラム: Bandicam

このようなビデオをとってアップロードするのは初めてなので、もしかしたらもっとうまくできたのかもしれませんが今回はこれでお許しください。

ビデオはYouTubeの以下のリンクで見られます。

http://www.youtube.com/watch?v=Rylm9PQTF6I
http://www.youtube.com/watch?v=YTrThEFhlWg
http://www.youtube.com/watch?v=19SRgXFTeOM
http://www.youtube.com/watch?v=43nDTwQ9g9Y
http://www.youtube.com/watch?v=vmxtKGkPALQ

テーマ : You Tube
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

SugitaNobuki

Author:SugitaNobuki
杉田伸樹(ぎっちょん)
親指シフトの普及活動を続けています。
約38年の公務員生活を終え、現在は大学教員です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。