スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac Fan 1月号に親指シフトの記事

ツィッターで親指シフトのことがMac Fanの1月号で取り上げられていると知り、早速買って確認しました。

文章の入力速度が落ちてきたライターの方が親指シフトに挑戦しています。1ページ全部を使って親指シフトの入力の仕方などについて説明がされています。

使用した環境は、「サムタッチFKB7628-801」とトリニティワークス社の専用ドライバー「ニコラK」となっています。これだと4万円程度とかなりの出費になってしまいます。記事でも「興味はあっても元『親指シフター』でもないかぎり、習熟できるかどうかわからない親指シフトキーボードを買うわけにはいかないだろう。」と書かれています。これを考慮して、コストのかからない「テスラ」を使う方法も紹介しています。

私が興味を持ったのは、親指シフトを覚えるのが大変だったかということに関して「実際に挑戦してみると、30歳も半ばを過ぎて固くなった頭では覚えられない…と思ったらそうでもなかった。キーボードは体で覚えるものだからだろう。」と書かれていることです。

親指シフトを覚えるのがどの程度大変かについては、人によりかなり意見の違いがあるように思われます。おそらく練習のしかたや環境によるところも大きいのでしょう。それですから、これから親指シフトを習おうとする人に対して、あまり安請け合いして簡単に覚えられると言ってはいけないのでしょう。しかし、同誌の記事のような例もあると知っておくことは良いことだと思います。

記事の最後は「元親指シフターだった人もこれからチャレンジしてみたい人も、試してみてはいかがだろうか?」と、うれしい前向きの文章で締めくくられています。マッキントッシュで親指シフトを使う人はそんなに多くないのかもしれませんが、それでもこのような情報があることは心強いものがあります。
スポンサーサイト
プロフィール

SugitaNobuki

Author:SugitaNobuki
杉田伸樹(ぎっちょん)
親指シフトの普及活動を続けています。
約38年の公務員生活を終え、現在は大学教員です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。