スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親指シフトの歴史

よく知られている通り、親指シフトという技術は30年以上前に開発されました。そして、その基本的な構造を変えずに現在も使われています。

長い年月ですから親指シフトにはさまざまなことが起こってきたし、いろいろな試みがされてきました。技術的な面だけでなく、普及の試み、ユーザーの経験まで含めて、少し大げさにいえば歴史の重みがあるのです。

だから、親指シフトに関する何らかの試みはこうした歴史の経験を踏まえたものである必要があります。特に学ぶべきは「失敗の歴史」です。親指シフトがもっとも失敗しているのは「普及」だと私は考えます。失敗を繰り返さないようにするにはどうしたら良いかは歴史に聞くのが早道です。

もちろん、過去に失敗したことでも環境が変化したら改めてトライすることで成功するかもしれません。やってみないと分からないというのも歴史の本質です。ただ、これまでの経験に学ぶことなく、あまりにナイーブに親指シフトが良いということだけを言うだけでは、普及はおぼつかないのです。

普及というのは社会的な認知です。それを得るための戦略と戦術が親指シフトには必要なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

SugitaNobuki

Author:SugitaNobuki
杉田伸樹(ぎっちょん)
親指シフトの普及活動を続けています。
約38年の公務員生活を終え、現在は大学教員です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。