スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯型親指シフトキーボード・サムタッチ(続き)

携帯型親指シフトキーボードFKB7628-801(サムタッチ)のインプレッション続きです。

サムタッチは基本的にFMV-KB232と同じ動作をします。ただ、両者は大きさの違いがあるため、機能キーの有無や配置が違っています。この違いが使い勝手にどのように影響しているかを検証してみることにします。必要に応じ、その他の親指シフトキーボードとの比較も書きます。

1. テンキーの有無
サムタッチでまず気づくのがテンキーがないことです。携帯型ですからこれは当然ではありますが、デスクトップで使うときに大量の数字入力をする場合には、テンキーを別途用意した方が良いでしょう。テンキーにはUSB端子が付いているものもあるので、そこにサムタッチをつなぐのも良いかもしれません。
なお、ノートパソコンにあるようなNumLockで文字キーの一部をテンキーのようにして使う機能は無いようです。

2. PgUp, PgDn, Home, Endキー
これらは独立のキーではなく、カーソルキーとFnキーを併用することで入力されるようになります。これもキーボードを小さくするためには必要だったのでしょうが、人によってはこれらがワンタッチで入力できないことを気にする人がいるかもしれません。

3. ウィンドウズキーとコンテクストメニューキー
左下のCtrlキーとAltキーの間にFnキーが入ったので、よくここに置かれているウィンドウズキーは右下Ctrlキーとカタカナ・ひらがなキーの間にあります。コンテクストメニューキーは最上段の右から4つ目にあります。
かつてのFMV-KB231では、ウィンドウズキーとコンテクストメニューキーの両方を右下に置いたため、大変窮屈な配置になっていて、使い勝手を損なっていたことと比べると大変良くなっています。なお、FMV-KB232では、Fnキーは必要ないので、ウィンドウズキーは左下に置かれています。

4. Deleteキー、F1~F12キー
これはFKB8579-661では独立していなかったため、かなり不満があったところで、サムタッチでの「売り」の一つにもなっています。これでCtrl+Alt+Deleteも(あまりやりたくないことですが)やりやすくなります。

とりあえずこのようなところでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Deleteキーの独立については……

 ↓への対応を見据えたものだったのかも。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210353482

 自宅ではまったくと言っていいほど使わないショートカットなのですが、会社では着席のたびに使うので……もしかすると、社内実環境で相当な評価打鍵が行われたのかもしれないですね。

 うちにも昨日届いたところなので、じっくり触ってみたいと思います。

No title

Deleteキーは普通に使う場合も結構あるので、やはりワンタッチでないと使いにくいという声はあるんでしょうね。
ところでこれで思ったのですが、661がベースとしているHHKでも、DeleteとBackspaceの両方を独立で持っているのはないのではないでしょうか。HHKにはそれに対して文句は出なかったのでしょうか。
ではレポートを楽しみにしております。
プロフィール

SugitaNobuki

Author:SugitaNobuki
杉田伸樹(ぎっちょん)
親指シフトの普及活動を続けています。
約38年の公務員生活を終え、現在は大学教員です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。