スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親指シフトはうるさいか

親指シフトにしろ、その他の方法にしろ、キーボードで文字を入力する時は人により癖があるようです。とりわけ、キーをたたく時にどのくらい音がするか、あるいは、どのくらい音がすると感じているかに違いが出るようです。

親指シフトユーザーとして知られている勝間勝代さんは、http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2007/05/post_8015.htmlで、「ちなみに、専用キーボードの欠点としては、『打鍵がかなりうるさい』というのもあります」と述べています。

これに対してやはり親指シフトユーザーの姫野カオルコさんは、http://only5.himenoshiki.com/?eid=1157485で、「『やかましい』ということは断じてありません。むしろ他の方法より静かです。私なんか座敷わらしの足音みたいに静かにやってます。」と言っています。

親指シフトユーザーの感じ方としてどちらか正しいのか、あるいは多いのかは分かりませんが、https://twitter.com/K_akiya/statuses/169745977937379329で「速くて優雅な気配すらする」とほめられた(笑)私としては姫野さんの方に味方したくなります。(youtubeは無音ですが本当は音がしてますよ(笑)。音をとるのが面倒だったのでやらなかっただけです。でも、そんなにうるさいことはないですよ。)

皆さんはどう感じますか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

OASYS型とLIFEBOOK型

ご無沙汰してます。
昔のワープロ専用機OASYSと他社のワープロ専用機だったら、前者がうるさかったかもしれません。文字キーと親指キーを同時打鍵するので指に負担がかからないよう、うまく表現できませんがキーが「ぐらぐら」していたため、打つと「カチャカチャ」という音がしました。
ただ、いま私が実際に使っているものですが、ノートのFMV-LIFEBOOKの親指キーボードや携行できるキーボードという売り文句のThumb Touch FKB7628-801などはストロークが僅か3mmなので、打つというより撫でる感じです。
勝間氏のブログは2007年のものですが、同じ話を90年代の著書でも読んだ記憶があるので、ワープロ専用機OASYSを念頭に置かれているのだろうと思います。

また、同じキーボードでも、出先の共用のパソコンのJISキーボード、打つというより叩く感じで入力してる人もいますね。ローマ字で。その隣で同型のパソコンで、インストールせずにUSBメモリからエミュレートできる「親指ひゅんQ」を使って疑似親指入力してる私の方は静かなものです。この辺は、親指かローマ字かより個人差かもしれませんけれども、もし同じ文字数を打っているのだとしたら、打鍵数が少なくて済む親指の方が静かになるはずですけどね(^^;

No title

河童本舗さん、どうも。
同じ親指シフトといっても、いろいろありますからね。専用機のキーが「ぐらぐら」していたというのも、何となく分かります。私の感覚では「ふかふか」というのもありますね。
現在私が主力で使っているKB232だと、これが「すこすこ」といったところでしょうか。

打鍵数のことは盲点でした。確かにローマ字入力の場合はたくさん打つわけなので、それだけうるさいのは確かだし、見ていて忙しそうに見える(その割に文章は進まない)ということですね。
プロフィール

Author:SugitaNobuki
杉田伸樹(ぎっちょん)
親指シフトの普及活動を続けています。
約38年の公務員生活を終え、現在は大学教員です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。