スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親指シフトに関する言説を見分ける

親指シフトに関してはさまざまな人がいろいろなことを語っています。親指シフトユーザーの多様性を考えれば、その内容も多様であるのは当然です。だから、その内容についてもいろいろな切り口や見方があってしかるべきです。
ただ、親指シフトを人に勧めようという目的で書かれた場合には、それなりの責任が伴うことを考える必要があります。私が見るところ、親指シフトを愛することで目が眩んでか、少し外れたことをいっている場合もあります。
これまでの私の経験から、こうした発言にはいくつかのポイントがあり、それを判断材料にすると良いというのが分かってきました。以下、そうした点について解説します。

1. 親指シフトの効果について
親指シフトを人に勧めるのは、何らかの良いことがあるからでしょう。確かに、親指シフトは優れています。ただし、その効果は万能ではありません。「親指シフトを使えば文章作成が速くなる」程度ならまだしも、「親指シフトを使えば○○○が○倍になる!」とか、「親指シフトは×××対策に有効!」とか言い出すのは親指シフトを誤解させるものです。そのうち、「親指シフトはぼけ防止に役立つ」とか言い出さないかと心配です。
親指シフトは優れています。しかし、その効果は限られています。それを無理に広げようとするのは、ひいきの引き倒しにすぎません。

2. OS選択とのアナロジー
日本語入力として親指シフトを選ぶかどうかを、OS選択などと同じように論じることは間違っています。それは技術的、社会的背景が違っているからです。
さらに言えば、現在はOSの選択はそれほど大きな問題ではありません。それを大事なことのように言うのは、自分の好みを人に押しつけたいだけです。
親指シフトを選択することは、OSの選択とは次元の違う問題です。なぜなら、原理的には親指シフトはOSがなんであろうと効果を生むものだからです。
OSの選択は「浮世の義理としては大切かもしれないが本質的にはどーでもえー」ことです。それに気づかずに「windows最高!」とか「やっぱりlinuxだよね」とか「これからはchrome OSの時代よ」とか言う議論を、親指シフトを選択するかどうかよりも優先させる人は事の軽重が分かってない人です。

3. 専用キーボードについて
私には理解不能ですが、世の中には親指シフト専用キーボードを毛嫌いしている人がいるようです。人それぞれですから構いませんが、少なくとも人に勧めるに当たって、専用キーボードを触ったこともないのに、「専用キーボードは不要です」というのは、いかがなものかと思います。
親指シフトの30年以上の歴史で、親指シフト専用キーボードが途切れたことはありません。今も多くの人が専用キーボードで親指シフトを使っています。いわば、専用キーボードは親指シフトにおける基本であるといえます。だから、その存在を無視することは、「先行研究のレビューができていない」(私も研究者の端くれなのでこのような言い方をお許しください)のと同じなのです。
反専用キーボードの議論の根拠は私の見るところ、2点です。一つは汎用性、もう一つはコストです。
前者は「専用キーボードがないと親指シフトができないというのは親指シフトが使える状況を狭めている」というものです。これはもっともらしいですが、実は間違っています。なぜなら、巷間目にする「普通のキーボードを使って親指シフトにする」方法は、実は個別のハードに合わせたソリューションであり、別のハードに適用しようとすると、大きな変更をしなければならないからです。これに対して、専用キーボードは「人間にとっていつも同じインターフェース」を提供するもので、現在、たとえばOSの選択には関係なく使えます。つまり、専用キーボードを使えば親指シフトという常に同じインターフェースが使えるところは広いのです。
コストについては、そもそも「専用キーボードは高いから(それは事実)、やめた方がいい」という、人の財布を覗き込むような下品な言説に私はついていけないのですが、それはともかく、では専用キーボードを使わないことで節約された金はどこに使われるのでしょう。私が言いたいのは、親指シフトを使うためにコストをかけることをどのように考えるかです。
最後に、キーボードのような人間が直接触れて操作するものについては物理的特性が大事であることを強調しておきます。そのようなものについては、流用で想定していない使い方をした場合の問題点をきちんとクリアしないと、少なくとも人に勧めるようなことをしてはいけないと私は思います。

4. 「後退」キーの位置
これは問答無用(笑)。
以下のリンクをご参照ください。
https://www.facebook.com/groups/oyayubishift/permalink/791849414176313/
http://thumbshift.blog108.fc2.com/blog-entry-5.html
スポンサーサイト
プロフィール

SugitaNobuki

Author:SugitaNobuki
杉田伸樹(ぎっちょん)
親指シフトの普及活動を続けています。
約38年の公務員生活を終え、現在は大学教員です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。