FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かえうち」を使ってみて思ったこと

親指シフトをさまざまな機器、特に最近のスマートフォンやタブレットなどで使えるようにするためのアダプターである「かえうち」を使ってみました。
実は少し前に買ってあった(同じようなコンセプトのOyaConvも買ってあります(笑))のですが、いろいろ手が回らなくて、今まで設定をしてきませんでした。かえうちは、設定をして使うことが前提のものなので、そのままでは動きません。
最小限の設定(NICOLAのデフォルト)をして、iPad miniにつないで試したところ、とりあえず親指シフトでの入力ができることを確認しました。
https://twitter.com/nobsug/status/1005362132915896320
ともかく動くことを確認した、という程度なので、ここでは同製品のレビューということではなく、この製品を通して、親指シフトについて、考えてみたことを書くことにします。
親指シフトがデフォルトでサポートされていない、という社会的状況の中では、親指シフトを使えるようにするためには、キーボードとコンピューター本体だけではなく、その間に何らかのソフトやハードが必要になってきます。
それはたとえばJapanistやNicolaK Proその他の、コンピューターに組み込むソフトだったり、かえうちやOyaConvのようなキーボードとコンピューター本体の間に入れるアダプターだったり、あるいはキーボードのファームウェア等を改造したりするものとなっています。
このように、さまざまな異なった形の方法があるのですが、私はこれらは「本質的には」同じ考え方で整理できると思っています。それは、コンピューティングの本質的な作業というのが「データを動かす」ということだからです。たとえばキーボードとコンピューターの間の信号のやり取り、コンピューター内部での信号のやり取りなどは、すべて「データを動かす」作業です。その効率性や制約の有無などにより、データを使った作業をどこでやるかは変化します。
親指シフトの例でいえば、コンピューター内のソフトでやるか、アダプターでやるか、キーボード内のファームウェアでやるかは、信号のやり取りの効率性や制約の有無で異なるものの、本質的な違いはありません。
もちろん、実際の世界ではさまざまな制約があるので、それを合わせた最適な構造を考えることは技術的にはきわめて大事ですし、実用的な使いやすさを考えるにあたっては、決定的です。ただ、それは実は本質的なものではないのです。
さて、そのような背景の中で、親指シフトユーザーにとってもっとも大事で本質的な価値とはなんでしょうか。それは、自分の指で触れるものの感触なのです。こうしたユーザーインターフェースの重要性については、和田英一先生がきわめて明確に述べておられます。ユーザーにとって統一的で使いやすいインターフェースは親指シフトユーザーに限らず、本質的に重要な価値なのです。
こうした点から考えると、現在使われているコンピューターにたまたま付いているインターフェースに甘んじたり、似ても似つかないような異なるインターフェースを同じ基準で評価したりすることは間違っていると言わざるを得ないのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SugitaNobuki

Author:SugitaNobuki
杉田伸樹(ぎっちょん)
親指シフトの普及活動を続けています。
約38年の公務員生活を終え、現在は大学教員です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。