fc2ブログ

親指シフトが速いことは大切なことか

親指シフトを推す人はさまざまな理由をあげる。その中で「入力が速い」はおそらくトップ3に入るだろう。確かに文章を入力する時間が短くなることは魅力的なことだ。しかし、このことをきちんと分析せずに、単なるハイプのように言うのだったら親指シフトを推すことは嘘つきということになろう。だから、この問題をできる限り正確に分析しておくことは大事なことである。
ここでも、「入力が速い」の意味をいくつかのレベルに分けることが有益であると考える。それらを以下、仮に技術的なレベル、個人的なレベル、社会的なレベルと名付けて見ることにする。

1.技術的なレベル
親指シフトはローマ字入力やJISかな入力に比べて同じひらがな文字列を入力するために必要な打鍵数は少なくて済む。これは文字数がそんなに多くなくても、たとえば100文字くらいでも明らかになる。親指シフトを1とすると、JISかなは1.2、ローマ字は1.8くらいになるようだ。これは大きな差のようだが、文字入力をするにはその他にかな漢字変換も必要になる。これらはどの入力方法でも差はないだろうから、差は縮まる。さらに、決まった文章を入力練習のようにするのではなく、文章を考えながら入力をするという場合だったら入力速度の差の持つ意味はさらに小さくなるだろう。
http://gicchon.la.coocan.jp/sub18.htm

2.個人的なレベル
それでは、親指シフトを使って入力が速いことは、ユーザー個人にとってはどのような意味があるだろう。今まで1日1万字しか書けなかったのが1万2千字書けるようになるのは良いかもしれない。私は文章を文字数で評価するという19世紀的な思考方法にはついていけないけれども。それに、文章の内容まで考えると、どうでも良いような文章がたくさん生み出されたら世の中からすれば迷惑なことじゃないだろうか。いずれにしても、個人にとっての親指シフトのベネフィットなんてそんなに大したものではない。親指シフトに乗り換えようという人がほんの一握りしかいないのは当然である。
https://www.facebook.com/groups/oyayubishift/permalink/2149434998417741

3.社会的なレベル
親指シフトをキーボード配列の規格という社会的システムで見たらどうだろうか。こうした規格は一般に一度確立したものを取り替えるのはコストがかかり難しい。親指シフトがローマ字入力に勝てないのはこのためである。つまり個人的なレベルでの議論をしていても、誰も振り向かないのである。しかし、社会全体が親指シフトに切り替わればそのベネフィットは大きなものになる。このことをきちんと訴えていくことが大事だと考える。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

SugitaNobuki

Author:SugitaNobuki
杉田伸樹(ぎっちょん)
親指シフトの普及活動を続けています。
約38年の公務員生活を終え、現在は大学教員です。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード